高知県地質調査業協会

高知県高知市農人町2番3号
℡088-882-4588

協会について

2011(H23)3.11の東日本大震災以来、広島土砂災害や鬼怒川豪雨災害、熊本地震などの大災害や大地震が日本列島に頻発して起きており、今後も、地震による津波災害ばかりではなく、公共建築物や住宅の倒壊防止のために耐震対策や免震補強を行い、南海トラフ大地震ばかりでなく、直下型地震にも備えなければなりません。

また、迅速な復旧・復興を図るためには、緊急輸送路を確保することが重要で、とりわけ、道路等への落石防止や住宅地等の斜面崩壊防止を講じ、来るべき大災害に備えなければなりません。

私たちは、このような社会的要請から、「地質・地盤」の観点から地盤強度や液状化の調査・対策、地すべり等の調査設計、斜面防災の観点から落石や土砂崩壊防止工事を行い、道路や河川・橋梁・建築物等の耐震対策や、復旧・復興のための「命の道」を確保し、県民の安全・安心に貢献しようと日々技術の研鑽に努めています。

H19年 高知県と大規模災害発生時における応援業務に対する協定を締結しました

お知らせ

2016/04/22 高知県土木施工管理技士会と共催で、H28年度 技術講習会(南海トラフ地震発生に備えて)を開催しました。